Skip Navigation Linksホーム > 業務分野 > 国際商業取引




国際商業取引

トンプソン・コバーンの国際商業取引弁護士は、国際貿易や国際金融、国際取引に影響する、様々な政府当局、規制、法律分野での経験があります。 同グループの主な重点分野は輸入製品関連の法規制です。当事務所では、輸入製品に課せられる関税やその他の規制を最小限にとどめるよう取引の構成に関し、 助言を提供しております。また、品物が原産地から最終目的地に確実に届くようにするために必要なサプライチェーンとロジスティクスの契約書にも精通しており、 その起草も行います。当事務所は、ワシントンDCのオフィスから、米国の税関国境警備局(CBP)、商務省、国際貿易委員会、財務省、国務省、連邦海事委員会、通商代表部局、 米国下院議会などに対して、頻繁に依頼者の皆様の代理をしております。